隠岐ウェブ商店街ブログ

島前・島後全域を含めた隠岐のことが分かる!隠岐の特産品の通販、観光、生活情報を網羅したサイト"隠岐ウェブ商店街"。このブログでは隠岐の島の美味しい食べ物、イベント情報などをお伝えしていきます。

平成最後の世間桜を見に行きました

世間桜「女桜」

世間桜「女桜」

先日4月7日の日曜日、世間桜(よのなかさくら)を見に行きました。筆者はこの世間桜を毎年見に行こうと思っていましたが桜の咲いている時期と休日タイミングがなかなか合わず、昨年までは見ることができていませんでした。平成最後のこの年にようやく見に行くことができました。

世間桜は隠岐の島町の中村元屋に咲いている桜です。この桜の花の咲き方で米などの作物の出来を予想したと言う話が残っており、県の天然記念物にも指定されています。二本の桜が植わっており、山頂に近い方を「男桜」、もう片方を「女桜」と言うそうです。

世間桜「男桜」

世間桜「男桜」道がより急なのであまり近づけない。

京見屋分店さんのブログによりますと、4月6日の早朝の段階では男桜が満開、女桜が3分咲きとのことでしたが、4月7日の午後のところで男桜はほぼ満開?、女桜が5分咲きかな?といったところでした。4月9日のNHK NEWS WEBではより女桜が満開の映像が掲載されており、世間桜を守る会の会長直々のコメントも映像に収まっています。

世間桜の種から発芽した「世間桜の子供たち」

世間桜の種から発芽した「世間桜の子供たち」

世間桜へ登る途中、世間桜の種から発芽した「世間桜の子供たち」があります。看板によると2009年3月に植樹されたようで、植樹から10年となり、少し奥の方では花が咲いているようでした。

世間桜への道の入り口。急なので運動靴は必須です。

世間桜への道の入り口。急なので運動靴は必須。看板下の竹の杖も必須です。

世間桜はまだ1週間ぐらいは見れるようです。お近くにお住まいの方はぜひ見に行かれてはいかがでしょうか。

 

なお、世間桜を見に行くためには写真の入り口から林道を歩いて進みます。この林道は非常に急なところもあり、入り口付近に置いてある竹の棒を杖代わりに使って登ることをおすすめします。おおよそ、10分か15分位で登れたかと思いますが、想像していたよりも急な林道となっています。必ず、運動靴でいくことをおすすめします。

週間文春に「寒シマメ肝醤油漬け」が紹介されました

寒シマメ肝醤油漬け

寒シマメ肝醤油漬け

以前TVで話題になりました、「寒シマメ肝醤油漬け」が3月28日発売の週刊文春(2019年4月4日号)で取り上げられ、注文が殺到しております。

記事ではヴァイオリニストの松尾依理佳さんが「あまりに美味しかったから注文してリピーターに。」と触れられており、子育てとお仕事で忙しい中、「寒シマメ肝醤油漬け」の「贅沢ごはん」に助けられるとのことです。

新生活で忙しい中でもお手軽に「贅沢ごはん」を楽しめる「寒シマメ肝醤油漬け」をぜひお求めください!

特集 寒シマメ(スルメイカ)肝醤油漬け

「いわがき清海」大好評販売中です!

こんにちは!隠岐ウェブ商店街です。
本日は、「隠岐のいわがき清海」の販売開始のお知らせです!


今年も「岩がき」の季節がやってきました!
3月になり、和田水産さんの「いわがき清海」の出荷が始まっています。

 

f:id:okiwebshop0726:20160217154722j:plain

 

メルマガでもすでにお伝えしましたが、ここ隠岐では岩がきは春に旬を迎えます。

一般に岩がきは夏が旬とされていますが、ここ隠岐では1992年に養殖に成功したことをきっかけに、春の味覚として3月から6月にかけて全国に出荷されます。
なぜなら、春採れるもののほうが夏場に採れるものより、身に張りがあって美味しいからです。

「いわがき清海」も隠岐のブランド岩がきとして2016年から販売開始しましたが、当初よりたくさんのご注文と「見事な大きさ」「潮の香りがあふれ、甘みと旨みが詰まっている」などのうれしいお言葉を、全国の方から頂戴いたしました。


ご注文後、発送まで3日〜5日ほどお時間をいただきますが、届くと専用のナイフが同梱されています。それを使って殻をこじ開け、お好きな食べ方でお召し上がりください。
「おすすめレシピ」もついていますので、あれこれと悩む心配もありません。


隠岐の清浄な海で採れたとってもジューシーないわがき「清海」を、もっとも美味しいこの時期にぜひご堪能ください!


和田水産さんやブランドいわがき「清海」については「隠岐ウェブ商店街」のショッピングサイトにて詳しく解説した特集ページも公開中ですので、そちらで美味しさの秘密や、安心・安全にお届けするためのシステムをご覧ください。

 

サイズは「Mサイズ」「Lサイズ」「LLサイズ」の3つで各5個入り、10個入りがございます。6月下旬までの販売予定となっていますので、ご注文はお早めに!

 

ご注文はこちらから

「隠岐のいわがき清海」特集ページ

「わだつみの精」がクールジャパンアワードを受賞!

去る2017年11月末頃に埼玉県にて「クールジャパンアワード2017」表彰式が行われ、隠岐酒造さんの「わだつみの精」が全国の受賞者26件のうちの1件に選ばれました!

 

f:id:okiwebshop0726:20180208135411j:plain

f:id:okiwebshop0726:20180209150634j:plain

隠岐酒造株式会社 代表取締役社長の毛利 彰さん

このアワードは一般社団法人クールジャパン協議会により"クールジャパン"の発掘・認定を目的として2015年から隔年で実施されており、今回は2回目となります。

 

審査対象はプロダクトを中心とした「モノ」から、まちづくり・文化といった「コト」まで多岐に及び、国内外の外国人100人によって評価・推奨されます。
今回は104件の中から26件が選ばれ、隠岐酒造さんはそのうちの1件として受賞されました。
受賞は山陰両県で初となる快挙です。

 

なお受賞した製品や活動は、2018年2月10日〜27日にニューヨーク・ブルックリン市で、2018年8月(予定)に台湾・台北市でそれぞれ展示されます。

クールジャパンアワード2017「わだつみの精」紹介ページ


「わだつみの精」は同じく隠岐酒造さんが製造している、海藻から作られる焼酎「海藻焼酎 いそっ子」を完熟させて作り上げた古酒で、1999年から販売されています。

 

わかめをはじめとする海藻と米などを原料とし、樫樽で10年ほど貯蔵することで色が琥珀色に変化するほど完熟させたあと、県内外に出荷されます。
アルコール分は40%で、品格と磯の香りを帯びたその飲みくちは大変爽やか。
上記紹介ページにも「隠岐酒造独自の方法で発酵された古酒は、焼酎というよりもウィスキーやブランデーのような感覚で飲むことができます」と謳われています。

 

名前の由来は、古酒にふさわしい名前をということで、日本神話と呼ばれる伝承において海の神を意味する「ワダツミ」から名付けられています。
(「古事記」では綿津見神(わたつみのかみ)、大綿津見神(おおわたつみのかみ)、「日本書紀」では少童命(わたつみのみこと)、海神(わたつみ、わたのかみ)、海神豊玉彦(わたつみとよたまひこ)などの表記で書かれるそうです)

 

今回の選考理由では、味だけでなくパッケージデザインも併せて高く評価されていますね。隠岐ウェブ商店街で「わだつみの精」を繰り返しご注文のお客様からも「味も良いし、見た目も素敵!」というお声をよくいただきます。飲食店を経営されている方にとっては、ボトルを置いているだけで見映え(インスタ映え?)するのではないでしょうか。

 

販売開始からおよそ20年が経って海外からの再評価となりましたが、この小さな隠岐の島から、時を経ても世界の様々な人々を惹きつけるであろう名品が生まれたことは、大変誇らしく思います。

 

完熟海藻焼酎 わだつみの精 720ml … 2,702円(税込)

ミニボトル 完熟海藻焼酎 わだつみの精 180ml … 771円(税込)

隠岐 三共製菓の新商品 iguri(いぐり)のご紹介

f:id:okiwebshop-takashi:20170725103720j:plain

7月より隠岐ウェブ商店街に(有)三共製菓の新しいお菓子「iguri」(いぐり)の販売を初めました。

 

iguri(いぐり)は隠岐の伝統行事である「いぐり凧」より命名されたパイもちです。島で生まれ育った(有)三共製菓のお菓子職人さんが想いを込めてあんとおもちをオリジナルのパイ生地でひとつひとつ丁寧に手で包み焼き上げたお菓子です。

 

商品写真を見るとわかりますが、お菓子が9個入ったパッケージの内側に(いぐり)の名前の元となった、隠岐いぐり凧の解説が記載されています。隠岐いぐり凧は隠岐の島町指定の無形民族文化財として指定されております。この解説によると「いぐり」という言葉は隠岐いぐり凧の特長で10個の半円のような、「えぐる」形から来ているとされています。

この隠岐いぐり凧の特徴的な10個の半円のような形をパッケージにあしらっており、シンプルで印象に残るパッケージとなっております。

隠岐の新しいお菓子、iguri(いぐり)をぜひ、 ご自分用に、贈り物に隠岐ウェブ商店街でお買い求め下さい。

iguri -いぐり-(9個入り) | 隠岐ウェブ商店街

 

 

隠岐藻塩うどんのご紹介

こんにちは。隠岐ウェブ商店街の新商品のご紹介です。

今回はMS-OKIさんによる新商品、「藻塩うどん」をご紹介致します。

f:id:okiwebshop-takashi:20170701104414j:plain

f:id:okiwebshop0726:20170705151230j:plain

藻塩うどんはMS-OKI(有限会社オキカン)さんが隠岐の島町の下西に製造工場を構え、隠岐で採れた素材をたっぷり使用して作り上げたうどんです。

 

 一般的なうどんの麺は小麦粉の白色となっていますが、このうどんは隠岐産の藻塩が含まれているため、 少しだけ藻塩による色がついています。 隠岐の島町の製造工場でつくられた茹でたての麺を冷水でしめ、急速冷凍した麺となっております。

小さなお子様からお年寄りまで食べやすい細麺で、喉越しの良いもちもち食感をお楽しみいただけます。

 

自家製さばつゆ付き!

セットには自家製さばつゆが同梱されています。

昆布と隠岐の島町産の原木栽培干し椎茸でとったこだわりの出汁に、ふっくら丁寧に焼き上げた鯖と地元製造の醤油、酒と藻塩を加え、じっくり煮込んで仕上げた鯖つゆです。隠岐の香りに満ちた自家製のつゆをぜひお楽しみください。

 

隠岐の藻塩とは?

海水と海藻を使ったミネラル豊富な塩です。藻塩はさまざまな地域で作られていますが、隠岐の藻塩は「アラメ」という、隠岐では日常的に食されている海藻を原料としています。隠岐ウェブ商店街ではこの藻塩のみを「ローソク島藻塩」「手づくり藻塩」としても販売しています。一般的な食塩より海藻由来の黒味のある色がついており、海藻特有の旨みが含まれていて尖ったしょっぱさが無く、口あたりまろやかなのが特徴です。

 

藻塩うどん5食入り(鯖つゆ付き)…1,980円(税込)

 

隠岐らしさがたっぷりと詰まった「藻塩うどん」をぜひお試しください!

NPO法人らとこんたのご紹介!!

今回は隠岐の島町で活動する「らとこんた」の取り組みをご紹介したいと思います!

 

NPO法人「らとこんた」は、『隠岐の島町の活性化、定住対策、高齢者・社会的弱者への生活支援を図る活動を行い、住民が住みやすく活力あるまちづくり』を目的に平成28年11月に設立されました。

 

現在は、春からスタートした『移動スーパー・移動コンビニ』を中心に活動しています。移動スーパー『がいならとこんた』、移動コンビニ『こまいらとこんた1号・2号』の計3台で、島内の無店舗地区を週2~3回訪問します。f:id:okiwebshop0726:20170626171631j:plain

お肉、野菜、果物、パン、お菓子、おにぎり等の食品から、トイレットペーパーなどの日用品までその数はおおよそ400品目!!

「あれはないか?これはないか?」のご要望にお答えするため、陳列などに様々な工夫を凝らし、お届けできる商品数は日々増加中とのこと・・

この事業立ち上げの背景には、少子高齢化・無店舗地区の増加により日々の買い物にすら困難を感じる方が、特に高齢者を中心に増加傾向にある現実がありました。

今では各地区で、おじいちゃん、おばあちゃんが毎回のお買物を楽しみに待っていてくれます。


f:id:okiwebshop0726:20170626165626j:plain

「らとこんた」の意味する“わたしとあなた”(隠岐の方言で「ら」=わたし、「こんた」=あなた)

移動販売を通じて、たくさんの方と繋がり、隠岐の島町を元気な街に!

今後、高齢者の方々の安否確認活動である「見守り隊」など、様々な活動をしていく予定のらとこんた。

隠岐ウェブ商店街でも、微力ながらお手伝いさせてもらいながら、また皆さまにらとこんたの活動のご報告ができればと思います。

 

(追記)

NPO法人らとこんたのウェブサイトが公開されました。

お手伝いの一つとして、当社ウェブ事業部が制作しましたので、ぜひご確認下さい。

NPO法人らとこんた | 隠岐の島町の活力あるまちづくりに貢献します